スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kinofit 受けてきました (^_-)-☆  ~ 想像を超えたポジションへ ~

以前から気になっていた kinofit

201607 CS

雑誌の記事を読んで見よう見まねでポジション見直してましたが。。。。。

ペダリングモニターを導入してペダリング効率の左右差とかいろいろ気になることが増えてきたので、一念発起して平日休暇取ってkinofit 実際に受けてきました (*^^*)

MOV_3948_000006.jpg

こちらがフィッティング前。
まず数分間普段のペダリングを見た印象は『身体の使い方は悪くないけど、長いステムに合わせて前のりになっている』とのことでした。

ここからまずはサドル位置を決めていきます。
数mm高くし、数mm後ろへ。。。
設定を変えてはペダリングし、微妙なセッティングを出していきます。
片足ペダリングで回しやすさをチェックしたりしながら数mmの調整を数回。

サドルの位置が決まったら次にハンドル回りのセッティング。
フィッティング前、上死点で詰まる感じがあったので、ハンドルは上がることはあっても下がることは無いと思ってたんですが。。。
1cmのスペーサー分、ハンドルを下げてます (^-^;
え~っと思いながらペダリングしてみると。。。。。随分とハンドルが近く感じます。

どうやらサドルの位置を見直したことで腰がよく動くようになり(解放という言葉使ってました)、ハンドルを下げることができるとか。

最後はクリート。
数mm弄ってはペダリング、片足ペダリングを繰り返しスムーズに回せる位置を探していきます。
これも数mmのセッティングで回しやすさが全く変わります。

MOV_3949_000000.jpg

そしてこちらがフィッティング後。
前傾はキツクなっているんですが、上死点の詰まりもなく、肩のあたりもストレスなし。
ハンドル落差は3cmくらい増えてるんですが、不思議です。

身体の使い方は問題ないと言う事で、通常リフィットの時にやる内容まで1度で出来たようです(*^^*)
左右差についてもペダリング自体は問題ないという事で、このポジションでしばらく様子を見てみることに。

翌日、風張峠ライドでポジションチェック。
しばらくは無理するなとのことだったので、無理しない程度に150km弱走りました。
結果、右足の上死点での詰まり感なし、上半身の力が抜けて腕、肩周りが非常に楽。
ハンドル落差があれだけ大きくなったら肩に負担くるかと思ってたんですが、全く問題ないどころかフィッティング前より楽なくらい。

自転車ってこんなに楽な乗り物だった?と思うくらいの変化。
これで新しいポジションに慣れたら、どんな感じになるんだろう~
今から次回のライドが非常に楽しみ(*^^*)

どこかに痛みがあるとかポジションに悩んでいる人は、投資してみる価値あると思います(*^^*)

◆◆◆ 更新への活力 ◆◆◆
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

tatsup1965

Author:tatsup1965
RX3改 と Defy Advanced ZERO による50オヤジの自転車日記

RX3がクロスバイクからロードもどきになるまでの経緯はこちら↓をごらんください(*^_^*)

http://tatsup.cocolog-nifty.com/carshare_bike/blog_index.html

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
明日の風向きは?
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。